2021(令和03)年04月06日(火)~08日(木)

IMG_20210411_144049_524


============================

ejLRAG4WFhQLVtB1613893798_1613894904
-SEASON9 - 【 2021(令和03)年 18きっぷ春 】 [48]
18きっぷの旅 INDEX

============================

どうも怪しげな雰囲気が、無かった訳でもありませんしたが、何とか無事に旅へ出掛けてくる事が出来ました。
先ずは、「感謝」の一言しかありません。

============================

記事内移動
 2021(令和03)年
  04月06日(火) 初日
  04月07日(水) 二日目
  04月08日(木) 三日目
  あとがき

============================

04月06日(火) 初日


昨秋以来の泊り旅だったので、ちょっと張り切って初発列車をチョイスしてしまいました。(笑)
真っ暗でした。(爆)
まぁ、関西を通過するロングランだったと言う事もありました。


【 横浜駅04:54 [721M] 熱海駅06:16 (東海道線) 75.8キロ 】
 [ 始発 品川駅04:35 ]
DSC_0058DSC_0060
このご時世だからなのか、火曜日だからなのか、駅の人の姿が以前と比べてかなり少なかった様に感じました。
15両で着席出来ました。
DSC_0063
平塚駅辺りから明るく成り始めて、相模湾を望めるところでは、お陽様が見れました。
DSC_0064
根府川駅の手前では、特急「サンライズ」と離合しました。
DSC_0065
何で湯河原駅にE217が?!と思ったら、所謂「湯河原疎開」と呼ばれてるものらしいですね。
[ 乗車82分 乗換03分 ]


【 熱海駅06:19 [423M] 沼津駅06:38 (東海道線) 21.6キロ 】
 [終着 島田駅08:08 ]
DSC_0068DSC_0071
2(211)+3(313)の5両で、着席出来ました。
一先ず?沼津駅で下車しました。(笑)
[ 乗車19分 乗換17分 ]


DSC_0072
DSC_0074
DSC_0075
DSC_0076
沼津駅では、少し改札の外にも出てみました。


【 沼津駅06:55 [ホームライナー静岡1] 静岡駅07:37 (東海道線) 56.0キロ 】
DSC_0077DSC_0080
「乗りたかった」からです。(笑)
昨年の暮れ以来でしたが、やはり全車自由席での運行でした。
但し、整理券の指定表示はなくなっていました。(券の回収を忘れてしまいました)
IMG_20210406_071225_271
富士山が、綺麗に姿を見せてくれました。

[ 乗車42分 乗換02分 ]
[  乗車整理券330円 ]


【 静岡駅07:39 [423M] 島田駅08:08 (東海道線) 27.6キロ 】
 [ 始発 熱海駅06:19 ]
DSC_0089DSC_0092
約1時間振りに、本日2度目の乗車ですね。(笑)
やはりラッシュ時の為、藤枝駅迄着席出来ませんでした。
[ 乗車29分 乗換07分 ]


【 島田駅08:15 [2735M] 浜松駅09:01 (東海道線) 49.3キロ 】
 [ 始発 御殿場駅06:07 ]
DSC_0097DSC_0099
3(211)+3(313)の6両編成で、着席も出来ました。
無課金の選択肢としては、(御殿場駅始発なので)沼津駅(06:46)乗継がありますし、課金でも静岡駅(07:48)があります。
ただ、ホームライナー運休の土休日は、沼津駅(06:53~富士駅迄時間変更)乗継一択となります。
[ 乗車46分 乗換分 ]


【 浜松駅09:10 [925M] 豊橋駅09:45 (東海道線) 36.5キロ 】
DSC_0100DSC_0102
静岡地区名物?の、スルー運転でした。
前の列車の前3両が、豊橋駅行になりました。
空いていて着席出来ました。
DSC_0103
DSC_0104
浜名湖が綺麗でした。
IMG_20210406_093604_285
新所原(しんじょはら)駅では、天浜線ゆるキャン△号に出会えました。
[ 乗車35分 乗換05分 ]


【 豊橋駅09:50 [新快2311F] 大垣駅11:18 (東海道線) 116.4キロ 】
DSC_0108
6両編成で、着席出来ました。
当初は空いていましたが、結局大きな混雑もありませんでした。
DSC_0111
金山駅の上りホームにだけ、ホームドアが設置されていました。
JR東海の在来線では、初めてですかね。
[ 乗車88分 乗換24分 ]


【 大垣駅11:42 [223F] 米原駅12:17 (東海道線) 35.9キロ 】
DSC_0117DSC_0119
4両で着席出来ました。
空いていました。
IMG_20210406_120707_950
恒例の?、伊吹山も見れました。
[ 乗車35分 乗換03分 ]


【 米原駅12:20 [新快3463M] 姫路駅14:47 (東海道山陽線) 198.4キロ 】
 [ 始発 長浜駅12:04 3263M ]
DSC_0130DSC_0132
いよいよ関西圏に入って、捗るロングラン列車でした。
12両で、着席出来ました。
DSC_0127DSC_0133
DSC_0134
滋賀県迄は、天気も好かったのですが・・・
DSC_0135DSC_0136
IMG_20210406_142225_709
DSC_0138
京都辺りから、すっかり曇り空に変わってしまいました。
10時間程かけて、横浜駅から姫路駅に到達しました。
[ 乗車147分 乗換16分 ]


IMG_20210406_145853_952
DSC_0142
DSC_0143
少し時間があったので、えきそばを食べました。


【 姫路駅15:03 [975M] 相生駅15:23 (山陽線) 20.7キロ 】
 [ 終着 播州赤穂駅15:23 ]
DSC_0139DSC_0145
4両編成で、着席出来ました。
姫路駅から、先へと足を踏み入れると(まぁ列車ですが笑)、何だかわくわく感が増しますね。
[ 乗車20分 乗換02分 ]


【 相生駅15:25 [1323M] 岡山駅16:31 (山陽線) 67.9キロ 】
 [ 終着 糸崎駅18:05 ]
DSC_0149DSC_0151
4両で、着席出来ました。
JR岡山・広島地区のエース「末期色」の登場で、遠く迄やって来た感も強くなりました。
*因みに国鉄末期からの車両と言う意味です
実は相生駅から、「ひかり511」(16:02運賃1170円特急券990円)の課金も考えていたのですが、今回は見送りました。
まぁ、気分転換やら乗りたかったから(笑)ではありましたが、時間的メリットも無く急ぐ旅でも無かったので節約しました。
ワンコインと言う訳にはいかないですからね。(笑)
瀬戸駅の先で新幹線と交差していて、その少し手前で下り新幹線を見掛けました。
乗ろうと思っていた列車かなと思いましたが、その後の「のぞみ35」(岡山駅16:22着)だったのかなと思います。
岡山駅が近付くに連れて、徐々に混雑し始めました。
[ 乗車54分 乗換11分 ]


【 岡山駅16:42 [マリンライナー47] 茶屋町駅16:56 (宇野線) 14.9キロ 】
 [ 終着 高松駅17:37 ]
DSC_0163DSC_0162
一応、岡山駅が目的地ではありましたが、時間も少し早い事もありましたし、ちょっとだけ乗り鉄してみました。
3(5000)+2(213)の5両編成で大混雑でした。
以前四国に渡った際には、グリーン車指定を奮発(G指定は18きっぷ不可で別途運賃が必要)しましたが、今回は利用区間が短かったので、大人しく立ちました。(笑)
[ 乗車14分 乗換16分 ]


【 茶屋町駅17:12 [1663M] 宇野駅17:36 (宇野線) 17.9キロ 】
DSC_0174DSC_0186
茶屋町駅迄も宇野線でしたが、残りの区間に初めて乗車しました。
愛称が「宇野みなと線」で、岡山駅から茶屋町駅の間は「瀬戸大橋線」(岡山駅~高松駅)と重複しています。
2両編成で、着席出来ました。
DSC_0177
宇野線が、大きく迂回している様な路線であるのは、敷設当時の児島湾の海岸線に沿っていたからだそうです。
下り列車の進行方向左手が、干拓事業で陸地となっていますが、農地が広がり道路がほぼ直線であったりして、頷けるところがありました。
児島の街が、山を隔てた先にあるのも不思議ではありましたが、元々は吉備児島(小豆島より大きい?)と言う島嶼で、江戸時代に堆積と干拓で児島半島となった様ですね。
そもそもは、茶屋町駅への途中にあった早島駅も島嶼の名前が由来の様で、倉敷駅付近も「吉備の穴海」と呼ばれる海だった様です。
長年の干拓(埋立)の歴史があったのですね。
そんなこんなで、
列車は児島丘陵をトンネルで抜けて、市街地が広がり始めて宇野駅に到着しました。
[ 乗車24分 ]


DSC_0188
DSC_0189
一目でも瀬戸内海を見ようと、駅の外に出てみました。
宇野駅の駅舎は、コンパクトでお洒落な感じでしたね。
DSC_0192
DSC_0200
かつては、宇高連絡船で栄えた駅でしたが、駅周辺の再開発でその面影を殆ど感じる事はありませんでした。
この辺りが、若しかしたらその名残だったかも知れません。
DSC_0190
DSC_0191
DSC_0201
DSC_0194
DSC_0195
DSC_0203
DSC_0199
宇野港から、四国へ直接渡る航路は無い様ですが、小豆島・豊島・直島への航路は健在でした。
IMG_20210406_174907_162
DSC_0205
DSC_0206
アートの街として、生まれ変わった様です。
予報は晴れだった筈ですが、雨がポツリポツリと落ちて来ました。
それにしても、港の目前に島々があって瀬戸内海でした。


【 宇野駅18:07 [668M] 岡山駅19:00 (宇野線) 32.8キロ 】
DSC_0183DSC_0207
岡山駅直通列車でした。
4両編成で着席出来ました。
夕方のラッシュ時間でしたので、徐々に混雑して行きました。
[ 乗車53分 乗換22分 ]


【 岡山駅19:22 [771D] 総社駅19:59 (吉備線) 20.4キロ 】
DSC_0212DSC_0211
本来であればこの日は、岡山駅に戻って来て終了で良かったのですが、余力充分でしたのでもう少しだけ「桃太郎線」を乗り鉄しました。
一応、オプションとしては考えていました。
もうすっかり夜なので、「乗り鉄道」?(笑)からすると邪道なのかも知れませんが、沿線の吉備津神社や最上稲荷へのお参りをさせて戴きたいと考えていますので、今回は様子見でしたかね。
ラッシュ時間で盛況でしたが、備中高松駅迄に空いて行く感じでした。
逆に東総社駅では纏まった乗車もあって、列車の時間の兼ね合いでは、伯備線経由で岡山駅方面へ向かう選択肢もあるのかなと思いました。
それと岡山駅を出た直後に、マンションやビルの間を縫って走るディーゼルカーが、とても印象的でした。
LRT化計画がある様なので、早いうちに次の機会を作りたいですね。
[ 乗車37分 乗換11分 ]


【 総社駅20:10 [864M] 岡山駅20:38 (伯備山陽線) 26.6キロ 】
 [ 始発 新見駅18:53 終着 瀬戸駅21:07(~728M) ]
DSC_0219DSC_0218
早く(約30分)岡山駅に戻れるので、チョイスしました。(笑)
本来は、特急「やくも28」の退避があるのですが、感染症対応の運休で来ませんでした。
やはり幹線ですし、電車は早いです。
[ 乗車28分 ]



DSC_0224
長い一日でした。
乗り鉄中心ではありましたが、少しだけ瀬戸内海も見れて良かったです。

JR東日本 JR東海 JR西日本
 横浜駅-(熱海駅)-(米原駅)-宇野駅 (721.0キロ) 乗車整理券330円
JR西日本
 [初乗車] 宇野線 茶屋町駅-宇野駅 (17.9キロ) 738.9キロ 10670円(参考)
 宇野駅-岡山駅 (32.8)キロ
 [初乗車] 吉備線 岡山駅-総社駅 (20.4キロ) 
 総社駅-(倉敷駅)-岡山駅 (26.6キロ) 79.8キロ 1340円(参考)

15時間44分 821.7キロ 12010円(参考) 乗車整理券330円
 [参考運賃はJTB時刻表運賃表A-1のみ 重複乗車等に関してはフリー切符利用の際は考慮せず]

戻る


============================

04月07日(水) 二日目


DSC_0234DSC_0232
DSC_0235DSC_0238
二日目も、初発列車のスタートでしたが、一応6時台でした。
岡山駅前(東口)は、推し武道の聖地でもあります。
本来なら、昨春に訪れていた筈なので、一年越しに実現しました。


【 岡山駅前電停06:16 [] 東山・おかでんチャギントンミュージアム駅電停06:30
 (岡電東山本線) 3.0キロ 】

DSC_0248DSC_0252
市内電車に乗車しました。
DSC_0246
降車場が乗り場の先にあって、JR岡山駅に近い乗り場は、東山本線(右)と清輝橋線(左)で別れていました。
乗り場へ車両を移動する際には、手動でポイントを切り替えている様でした。
岡電と言えば両備グループですが、両備グループと言えば和歌山電鐵もそうですね。
DSC_0255
DSC_0256
市内の中心部を結んでいて、岡山城も見えたりするのかなと思っていましたが、見えませんでした。
そもそも今回岡山に来る迄は、お城の所在もJRの旭川橋梁の上流だと、勝手に思い込んでいたので申し訳ないです。
[ 乗車14分 ]
[  運賃140円 ]


DSC_0257
DSC_0258
DSC_0259
DSC_0260
東山はさり気なく、自然な雰囲気で道路の真ん中に電停がありましたが、車庫やミュージアムもありました。


【 東山・おかでんチャギントンミュージアム駅電停06:39 [] 県庁通り電停06:45
 (岡電東山本線) 1.7キロ 】

 [ 終着 岡山駅前電停06:55 ]
DSC_0263
再度、電車に乗車しました。
そろそろ朝のラッシュが近付いて、乗客の姿も多くなって来ました。
[ 乗車06分 ]
[  運賃140円 ]


DSC_0266
ちょっと途中で降りて、お散歩しました。
時間の関係で、岡山城とは反対側でした。
DSC_0268
DSC_0269
DSC_0270
IMG_20210407_065743_161
アーケードが立派な、表町商店街を歩きました。
近くに官公庁があったり、天満屋さん川崎医大病院もあって、岡山の中心地の様です。
JR(国鉄)の駅からは、少し離れていますが、歴史のある城下町らしさがありますね。
商店街の北時計台は、推し武道聖地です。
IMG_20210407_070655_643
メイドカフェのしゃるろっとさんも推し武道の聖地ですね。
DSC_0277
DSC_0278
商店街を離れて、大通りを市内電車2駅分ほど歩きました。


【 清輝橋電停07:24 [] 岡山駅前電停07:37 (岡電清輝橋東山本線) 2.1キロ 】
DSC_0280DSC_0285
清輝橋(せいきばし)電停から、市内電車に乗車しました。
それなりの混雑でした。
市内電車の路線が短い所為もあってか、路線バスも頻繁に行き交っていました。
特に大きな交通渋滞も見受けられず、電車とバスが上手に共存しているように感じました。
(岡山中央)郵便局前電停を過ぎて、東山本線に合流して柳川電停から、岡山駅前電停へと向かいました。
[ 乗車13分 ]
[  運賃140円 ]


DSC_0251
早朝の2時間程掛けて、岡山駅前に戻って来ました。
まだまだ、巡りたい場所はありましたが、先ずは乗り鉄と言う事で次回への宿題としました。
この日は、結構この後も盛り沢山だったのでした。


【 岡山駅08:07 [944D] 津山駅09:42 (津山線) 58.7キロ 】
DSC_0286DSC_0292
津山線に、初めて乗車しました。
4両で到着したのに、折り返しは2両でした。(笑)
朝のラッシュで、大混雑していて着席は出来ませんでした。
遅延接続で、出発が3分程遅れました。
暫くは市街地を走っていましたが、旭川に近づくと長閑な風景が広がり始めました。
金川(かながわ)駅では、多少纏まった下車がありましたが、相変わらずの混雑でした。
次の建部駅の手前のトンネルで、徐行(速度制限)があったのですが、JR西の保線負荷軽減のアレだったのでしょうかね。
岡山駅から1時間程の福渡(ふくわたり)駅で、多くの学生さんの下車があって車内も空いて着席出来ました。
それにしても、通学で列車に1時間と言うのは、なかなか大変だなと思ったりしましたが、合併によってまだ岡山市内だったみたいです。
程無く旭川から離れて、山間を北上しました。
[ 乗車95分 乗換14分 ]


【 津山駅09:56 [2826D] 佐用駅10:53 (姫新線) 40.4キロ 】
DSC_0303DSC_0305
単行で着席出来ました。
姫新カラーですね。
DSC_0309
吉井川を渡って、東津山駅で因美線と別れました。
DSC_0311
津山市は、岡山県第三の都市らしく市街地が広かったです。
山間を進んで行きましたが、里山の間の集落を結んでいる感じでした。
上月(こうづき)駅からは兵庫県となりました。
[ 乗車57分 乗換10分 ]


【 佐用駅11:03 [4846D] 播磨新宮駅11:32 (姫新線) 23.8キロ 】
DSC_0319IMG_20210407_105902_534
新型の単行(キハ122)で、着席出来ました。
佐用町(さようちょう)ですが佐用(さよ)駅です。(笑)
佐用駅では、智頭急行を走る「スーパーいなば」や「スーパーはくと」の姿も見れました。
DSC_0325
相変わらず天気が好くて、のんびりと流れて行く景色を眺めていました。
[ 乗車29分 乗換01分 ]


【 播磨新宮駅11:33 [1846D] 姫路駅12:03 (姫新線) 22.1キロ 】
DSC_0329DSC_0343
2両編成の新型(127)で、車内は中々の盛況でしたが着席出来ました。
乗換時間は短かったのですが、対面乗換で余裕でした。
この辺りから、市街地の雰囲気が濃くなりました。
あと、揖保乃糸。(笑)
DSC_0333DSC_0336
春満載でした。
[ 乗車30分 ]


DSC_0344
IMG_20210407_120757_962
山陽線なら90分程度ですが、約4時間掛けて姫路駅に到着しました。
DSC_0348
姫新線と播但線は、共通のホームで中間改札がありますね。
DSC_0349
IMG_20210407_122014_256
IMG_20210407_121244_287
2日続けての駅そばでした。(笑)
山陽線上りホームのお店は、国鉄色気動車デザインですね。


【 姫路駅12:27 [新快3464M] 明石駅12:51 (山陽線) 35.4キロ 】
 [ 終着 近江塩津駅15:34 米原駅~3264M ]

朝以来の電車でした。(笑)
12両編成(長い!)で着席出来ました。
[ 乗車24分 ]


DSC_0352
DSC_0354
若干、お城に心惹かれるところもありましたが、今回は自重しました。


【 山陽明石駅13:24 [] 霞ヶ丘駅13:33 (山陽電鉄本線) 5.0キロ 】
 [ 始発 駅 終着 駅 ]
DSC_0355DSC_0359
山陽明石駅からは、一区間だけ乗車した事がありました。
3両で着席出来ました。
IMG_20210407_132713_319
DSC_0362
明石のランドマークを眺めつつ、やがて列車は神戸市内へ入りました。
[ 乗車09分 ]
[  運賃240円 ]


DSC_0363
IMG_20210407_135313_977
IMG_20210407_134811_660
IMG_20210407_134835_738
駅から徒歩5分程の、五色塚古墳へ行きました。
山陽電車やJRからも、少しだけ見る事が出来るので、実は前日に確認していました。
昨年に存在を知るまでは、全然気付かなかったのは内緒です。(笑)
DSC_0367
DSC_0382
DSC_0389
DSC_1105
一応、見学は無料ですが、事務所で受付があって体温測定もありました。
パンフレットも戴きました。
DSC_0368
DSC_0370
DSC_0371
DSC_0372
DSC_0373
DSC_0374
DSC_0375
片や住宅街で、片や海が拡がる広大な風景と、中々ダイナミックなロケーションでしたが、淡路島を望む景色は天気の良さと相俟って、とても素晴らしく最高でした。
こちらに眠る人物は、かなり地位が高かったであろう事は、想像に難くありませんでした。
DSC_0388
お隣の小壺古墳は非公開ではありましたが、こちらもまた立派でした。


【 霞ヶ丘駅14:06 [] 滝の茶屋駅14:11 (山陽電鉄本線) 2.9キロ 】
 [ 始発 駅 終着 駅 ]
DSC_0391
再び、山陽電車に乗車しました。
DSC_0394
最後にもう一度、少しだけ古墳が見れました。
DSC_0395
車内の電気が、消灯されていました。
[ 乗車05分 ]


DSC_0396
五色塚古墳と同様に、(同時ではありませんが)昨秋の旅の後に知ったので、ちょっと寄り道しました。
IMG_20210407_141543_156
海を間近に感じられる駅なのです。
DSC_0404
DSC_0405
天気が好くて、良かったです。
DSC_0402
DSC_0399
明石方との風景の落差も、面白かったですね。


【 滝の茶屋駅14:26 [] 須磨浦公園駅14:30 (山陽電鉄本線) 2.7キロ 】
 [ 始発 駅 終着 駅 ]
DSC_0396DSC_0407
三度の山陽電車でしたが(まぁそうか笑)、滝の茶屋駅は、昨秋一区間だけ乗車した山陽塩屋駅のお隣だったのですね。
[ 乗車04分 ]
[  運賃240円 ]


DSC_0408
DSC_0410
DSC_0411
昨秋以来の須磨浦公園駅となりました。
勿論、須磨浦山上遊園です。
前回は、台風の余波で休園と言うオチだったので、リベンジでした。
今回は、ちゃんと事前確認をしましたよ。(笑)
DSC_1136
張り切って、Aコースです。(1800円)
入園料と言ったものは無くて、乗り物代ですね。
徒歩で、山上へ向かう事も出来ます。
【 須磨浦公園駅 [] 鉢状山上駅 (須磨浦ロープウェイ) 】
DSC_0412
DSC_0414
DSC_0415
先ずは、ロープウェイに乗りました。
中々の急傾斜でしたね。
天気も好くて、素晴らしい景色で、換気で窓も開いていたので、心地の好い風も感じられました。
DSC_0418
【 (東部展望台) [] (回転展望閣) (カーレーター) 】
DSC_0419
DSC_0420
DSC_0421
DSC_0422
DSC_0423
DSC_0424
引き続き、カーレーターに乗りました。
日本どころか、世界で唯一の乗り物だそうです。
昔、日本平動物園で似たようなものに乗った覚えがあったのですが、あちらはオートチェアと言う別物でした。
因みにそちらも現役で、ベルトコンベア状ではないのと、屋外である事が大きな差異ですかね。
公式も認める乗り心地の悪さですが(笑)、まぁ盛ってますね。(爆)
遊園地の乗り物の様でもあり、荷物の気持ちにもなれる?様な、貴重な経験でした。
【 せっつ駅 [] はりま駅 (観光リフト) 】
DSC_0426
DSC_0427
DSC_0430
DSC_0431
折角上ったのですが、ちょっと下って、リフトに乗りました。
リフトもいきなりの下りで、ちょっと怖いくらいでしたが、高度を上げるのではなく、谷を越える為ですね。
谷間の真ん中辺りに、摂津国と播磨国の境がありました。
DSC_0433
DSC_0434
IMG_20210407_150932_127
リフトを降りて、少し散策をしました。
陽時計があったり、旗振(はたふり)毘沙門堂にはお参りさせて戴きました。
DSC_0436
DSC_0437
DSC_0438
旗振山の山頂迄歩きました。
リフトを使わない場合には、こちらに登って来る感じですね。
DSC_0439
【 はりま駅 [] せっつ駅 (観光リフト) 】
DSC_0441
DSC_0444
DSC_0447
DSC_0448
リフトに乗って、摂津国に戻りました。
DSC_0473
DSC_0471
DSC_0470
IMG_20210407_154721_546
回転展望閣3Fの、喫茶「コスモス」で休憩しました。
3Fが回転部分で、入場料が必要ですね。
DSC_0455
DSC_0457
DSC_0460
DSC_0463
DSC_0467
DSC_0469
まったりと、一周(約45分)してしまいました。(笑)
DSC_0472
【 (回転展望閣) [] (東部展望台) (カーレーター) 】
DSC_0475
DSC_0474
DSC_0476
DSC_0477
DSC_0478
カーレーターに乗りました。
最後、乗降エリアに入る直前で、盛大にバウンドしたので思わず爆笑してしまいました。
DSC_0480
DSC_0481
DSC_0482
【 鉢状山上駅 [] 須磨浦公園駅 (須磨浦ロープウェイ) 】
DSC_0484
DSC_0485
DSC_0483DSC_0486
最後は、ロープウェイでした。
DSC_0487
DSC_0490
DSC_0491


【 須磨浦公園駅17:00 [] 山陽須磨駅17:02 (山陽電鉄本線) 1.4キロ 】
 [ 始発 駅 終着 駅 ]
DSC_0488DSC_0492
山陽電車に、一区間乗車しました。
[ 乗車02分 ]
[  運賃160円 ]


DSC_0493
DSC_0495
DSC_0496
DSC_0500
IMG_20210407_172015_361
山陽須磨駅で下車したのは、JRの須磨駅へ乗り換える為でしたが、駅の目の前がビーチだったのでちょっと寄ってみました。
結構賑わっていましたが、ごみは持ち帰りましょうね。
IMG_20210407_172331_910
三社大神宮に、お参りさせて戴きました。


【 須磨駅17:47 [4694C] 京橋駅19:01 (山陽東海道JR東西線) 45.2キロ 】
 [ 始発 西明石駅17:30 終着 松井山手駅19:42 ]
DSC_0507DSC_0510
7両編成で、当初は着席できませんでしたが、お隣の須磨公園駅で座れました。
大して歩いた訳ではありませんが、早朝の行動から12時間以上経過していて、すっかり疲れてしまって乗換はしませんでした。
[ 乗車74分 乗換03分 ]


【 京橋駅19:04 [] 天王寺駅19:18 (大阪環状線) 6.5キロ 】
 [ 始発 駅 終着 駅 ]
DSC_0513
8両でしたが、絶賛ラッシュで着席は出来ませんでした。
まぁ混雑してるかどうか、くらいではありました。
[ 乗車14分 乗換06分 ]


DSC_0514
DSC_0516DSC_0517
IMG_20210407_192206_127
天王寺駅では、「キティはるか」に遭遇しました。


【 天王寺駅19:24 [1841K] JR難波駅19:30 (関西線) 3.5キロ 】
 [ 始発 王寺駅18:42 ]
DSC_0519DSC_0523
ゆっくりと着席出来ました。
[ 乗車06分 ]


DSC_0525
IMG_20210407_194447_736
IMG_20210407_194501_791
大阪に立ち寄ったのは、グリコです。(笑)
現場からは、以上です。(爆)
工事中で、消灯と言うかオンザボードでした。


【 心斎橋駅19:57 [] 梅田駅20:04 (大阪地下鉄御堂筋線) 3.2キロ 】
 [ 始発 駅 終着 駅 ]
DSC_0530
御堂筋を少し歩いて、心斎橋駅から地下鉄に乗りました。
[ 乗車07分 乗換11分 ]
[  運賃230円 ]


【 大阪駅20:15 [新快3524M] 山科駅20:51 (東海道線) 48.3キロ 】
 [ 始発 播州赤穂駅18:28 終着 野洲駅21:16 ]
DSC_0532
着席は無理でした。(笑)
[ 乗車36分 ]


DSC_0536
そんなこんなで、
二日目も、無事終了でした。
天気にも恵まれて、早朝から張り切ってしまったので、少しだけ疲労感もありましたが、同時に満足感も大きかったです。

岡山電気軌道株式会社
 [初乗車] 東山本線 岡山駅前電停-東山・おかでんチャギントンミュージアム駅電停 3.0キロ 140円
 東山・おかでんチャギントンミュージアム駅電停-県庁通り電停 1.7キロ 140円
 [初乗車] 清輝橋線 清輝橋電停-柳川電停 1.6キロ
 柳川電停-岡山駅前電停 0.5キロ 140円
JR西日本
 [初乗車] 津山線 岡山駅-津山駅 58.7キロ
 [初乗車] 姫新線 津山駅-(佐用駅)-姫路駅 86.3キロ
 姫路駅-明石駅 35.4キロ (180.4)3410円(参考)
山陽電鉄
 山陽明石駅-人丸前駅 0.8キロ
 [初乗車] 人丸前駅-霞ヶ丘駅 4.2キロ (5.0キロ)240円
 [初乗車] 霞ヶ丘駅-(滝の茶屋駅)-山陽塩屋駅 3.9キロ
 山陽塩屋駅-須磨浦公園駅 1.7キロ (5.6キロ)240円
 須磨浦公園駅-山陽須磨駅 1.4キロ 160円
JR西日本
 須磨駅-(京橋駅)-(天王寺駅)-JR難波駅 55.2キロ 990円(参考)
OsakaMetro
 心斎橋駅-梅田駅 3.2キロ 230円
JR西日本
 大阪駅-山科駅 48.3キロ 860円(参考)

14時間35分 283.9キロ 5260円(参考) 22.0キロ 運賃1290円
 [参考運賃はJTB時刻表運賃表A-1のみ 重複乗車等に関してはフリー切符利用の際は考慮せず]

戻る

============================

04月08日(木) 最終日


本来は、四日間の日程で旅に出ましたが、繰り上げで帰る事にしました。
少し遠回りで。(笑)


【 山科駅09:02 [] 六地蔵駅09:16 (京都市交東西線) 7.0キロ 】
 [ 始発 駅 ]
DSC_0538
常識的と言うのか、ゆっくり目の出発でした。
ラッシュ後の時間でもあり、空いていました。
[ 乗車14分 ]
[  運賃260円 ]


IMG_20210408_092742_012
DSC_0546
IMG_20210408_093218_277
IMG_20210408_093233_412
DSC_0553
京阪電車の、六地蔵駅へ向かいました。


【 六地蔵駅09:38 [] 木幡駅09:40 (京阪宇治線) 0.8キロ 】
 [ 始発 駅 終着 駅 ]
DSC_0551DSC_0554
お隣の、木幡駅へ向かいました。
[ 乗車02分 ]
[  運賃160円 ]


DSC_0555
IMG_20210408_094237_307
IMG_20210408_094252_537
DSC_0562
IMG_20210408_095032_332
IMG_20210408_095304_039
JRの木幡(こはた)駅迄行って、戻って来ました。(笑)


【 木幡駅10:00 [] 宇治駅10:07 (京阪宇治線) 3.7キロ 】
 [ 始発 駅 ]
DSC_0556DSC_0570
三度の京阪電車でした。
DSC_0571
貸切状態でしたね。
[ 乗車07分 ]
[  運賃210円 ]


DSC_0574
DSC_0576
お京阪の宇治駅から、個人的な定番コースで、少し散策をしました。
DSC_0579
DSC_0580
DSC_0581
DSC_0582
IMG_20210408_103323_219
IMG_20210408_104017_263
IMG_20210408_103225_335
宇治橋で宇治川を渡って、久美子ベンチでした。
IMG_20210408_104718_750
近くの宇治市観光センターで、小休止させて戴きました。
DSC_0594
DSC_0596
DSC_0597
DSC_0598
DSC_0599DSC_0601
レイアウトが、少し変わっていました。
DSC_0605DSC_0606
DSC_0607DSC_0608
DSC_0609
休憩後は、JRの宇治駅へ向かいました。
DSC_0610
DSC_0614DSC_0615
DSC_0613DSC_0612
DSC_0611
ゆめりあ うじ
DSC_0616
宇治市観光案内所
IMG_20210408_111109_372


【 宇治駅11:25 [み快2612M] 京都駅11:42 (奈良線) 14.9キロ 】
 [ 始発 奈良駅10:53 ]
DSC_0619DSC_0621
いよいよ、帰路の第一歩となりました。
6両編成で、ジャンプシートに着席しました。
[ 乗車17分 ]


DSC_0630
DSC_0632
IMG_20210408_115302_574
IMG_20210408_120248_843
京都駅では、ちょっと寄り道をして、いつものルーティーンでしたね。(笑)


【 京都駅12:00 [新快3448M] 米原駅12:53 (東海道線) 67.7キロ 】
 [ 始発 姫路駅10:27 終着 近江塩津駅13:34~3248M ]
DSC_0636DSC_0638
帰路です。
12両で、着席出来ました。
DSC_0640
DSC_0648
DSC_0651
順調でした。
DSC_0652
米原付近は、気温16度でした。
[ 乗車53分 乗換07分分 ]


【 米原駅13:00 [218F] 大垣駅13:35 (東海道線) 35.9キロ 】
DSC_0656DSC_0659
4両で、着席出来ました。
空いていましたね。
IMG_20210408_131246_764
また秋に、伊吹山に出会いたいです。
[ 乗車35分 乗換06分 ]


【 大垣駅13:41 [新快2335F] 蒲郡駅14:57 (東海道線) 99.4キロ 】
 [ 終着 豊橋駅15:09 ]
DSC_0669DSC_0671
4+2の6両編成で、着席出来ました。
DSC_0672
出発直後に、樽見鉄道と並走しました。
DSC_0674
名鉄の西枇杷島駅が、綺麗になっていました。
[ 乗車76分 乗換03分 ]


【 蒲郡駅15:00 [134F] 掛川駅16:27 (東海道線) 81.3キロ 】
 [ 始発 岐阜駅12:58 ]
DSC_0678DSC_0681
平日限定の乗継です。
6両で着席出来ましたが、転換クロス車でした。
掛川駅迄乗り入れる列車なので、結構レアなのでは?
前の列車で、終着の豊橋駅迄行っても、この列車に乗ることになります。
掛川駅では、後発の浜松駅始発列車に乗継ぐことになりますが、掛川駅か浜松駅かの判断はお好みでどうぞ。(笑)
[ 乗車87分 乗換10分 ]


【 掛川駅16:37 [] 熱海駅18:43 (東海道線) 124.7キロ 】
 [ 始発 浜松駅16:10 ]
DSC_0693DSC_0695
3(313)+3(211)の6両で、着席出来ました。
静岡駅から、混雑していました。
IMG_20210408_175715_520
富士山をギリギリ何とか、見る事が出来ました。
[ 乗車126分 乗換09分 ]


【 熱海駅18:52 [1662E] 小田原駅19:14 (東海道線) 20.3キロ 】
 [ 終着 黒磯駅23:59 ]
DSC_0704DSC_0706
15両編成で、着席出来ました。
一先ず、ホームのJR東日本管内に、戻って来て一安心でした。
[ 乗車22分 乗換02分 ]


【 小田原駅19:16 [1934E] 横浜駅20:04 (東海道線) 55.1キロ 】
 [ 終着 高崎駅22:38 ]
DSC_0707
15両で、着席出来ました。
トリッキーな乗継で、漸くこの旅のラストランナーとなりました。
乗換時間が2分あった筈ですが、若干の遅延があったのか、対面乗換でもギリギリでした。
[ 乗車48分 ]


DSC_0711
三日間の旅を終えて、無事に帰って来れました。
日常の風景がありました。

京都市交
 山科駅-六地蔵駅 7.0キロ 260円
京阪
 六地蔵駅-木幡駅 0.8キロ 160円
 木幡駅-宇治駅 3.7キロ 210円
JR西日本
 宇治駅-京都駅 14.9キロ 240円(参考)
JR西日本 JR東海 JR東日本
 京都駅-横浜駅 484.8キロ 8030円(参考)

11時間02分 499.7キロ 8270円(参考) 11.5キロ 運賃630円
 [参考運賃はJTB時刻表運賃表A-1のみ 重複乗車等に関してはフリー切符利用の際は考慮せず]

戻る

============================

[あとがき]

そんなこんなで、
楽しい旅になりました。
岡山は、僅かな時間ではありましたが、1年越しの念願が叶って良かったです。
初日の瀬戸内海が、好天だったら最高だったのですが、また次の機会を作れたらと思います
その分二日目は、天気が好くて中身も満載で、ある意味ハイライトでした。
それが、日程短縮の大いなる要因となったのは確かです。
久しぶりに、初めての乗車路線も多かったですし、日程以上の濃い旅だったかも知れません。

戻る


============================




IMG_20210407_141543_156
最後迄お付合い戴きまして有難う御座いました




KAkashi / 今木 洛
dFQDERtGgpdHPqG1555599815_1555600002