2021(令和03)年01月03日(日)

IMG_20210103_154831_940


============================

34S1MqKr8uWhQY31579931235_1579931787
-SEASON8 - 【 2020(令和02)/2021(令和03)年冬 18きっぷ 02 】 [44]
18きっぷの旅 INDEX

============================

残り4回の18きっぷ消化の旅の旅その1でした。(笑)

============================

記事内移動
 2021(令和03)年
  01月03日(日)
  あとがき

============================

01月03日(日)



まだ三が日ではありましたがそろそろ出掛けておかないときっぷ消化が怪しくなって来るので頑張って出発してみました。
IMG_20210103_100802_785
引退が間近となって来ている185系に出会いました。


【 横浜駅10:12 [1852E] 高崎駅12:42 (東海道東北高崎線) 133.8キロ 】
 [ 始発 平塚駅09:33 ]
DSC_1178DSC_1191
上野東京ラインに乗車しました。
実は湘南新宿ラインとは途中の大宮駅迄の所要時間はイメージ程違いは無いので(さいたま新都心駅にはホームが無いので停まらない)どちらをチョイスしても問題ないので先に出発する列車を選べばいいだけだったりします。(高崎線方面は横須賀線の新川崎駅と西大井駅には停車せず更に特別快速なら恵比寿駅も停まりませんが横須賀線からの宇都宮線方面は少し分が悪いですかね)
ガラガラの15両で着席出来ました。
IMG_20210103_120825_344
籠原駅では前5両の切り離しと特急待避(草津83)がありました。
それにしても静岡県内の熱海駅から浜松駅の距離よりも20キロ程短い(沼津駅から浜松駅程度)ですが1都3県を走破していて長さを改めて実感しました。
[ 乗車150分 乗換72分 ]


DSC_1277
駅名標がSL運行に合わせてかオリジナルの格好良いものに変わっていました。
DSC_1299
DSC_1301
DSC_1302
DSC_1303
DSC_1305
乗換時間がありましたので改札の外に出てみました。
DSC_1308
高崎駅の上信電鉄側の端の1番ホームは使われていない様でしたが実は2004(平成16)年に客扱い停止で何度か来ていましたが全く気付いていませんでした。(言われてみれば改札口の跨線橋が手前までしか伸びていなかったのは認識していました)
IMG_20210103_133327_365
特急「草津3号」(上野駅12:12長野原草津口駅13:43)に出会いました。


【 高崎駅13:55 [533M] 小野上駅14:40 (上越吾妻線) 33.0キロ 】
 [ 終着 万座・鹿沢口駅15:41 ]
DSC_1298DSC_1310
だいぶ乗換時間がありましたが高崎駅到着5分程前の両毛線直通列車に乗車出来れば新前橋駅始発の1本前の列車に乗車出来たのですが行先以外は全くのノープランで下調べもしていなかったので致し方ないですね。
そこそこの乗車率でしたが4両編成で着席出来ました。
211系は静岡地区(東海道線)ではまだまだエースですがこちらではすっかり北関東の主力でした。
DSC_1321
DSC_1326
榛名山や赤城山が近くなってくるとこれぞ上越線と言った趣が強くなりますね。
DSC_1328
DSC_1332
渋川駅からいよいよ吾妻(あがつま)線へと入りました。
奇しくも当ブログ18きっぷシリーズの記念すべき第一回(2013-平成25-年)以来となる吾妻線乗車でした。
とは言いつつ当時の旧線から八ッ場ダム建設に伴って切替られた新線(乗車時はダム建設が一旦保留状態ではありましたが鉄道は計画続行)のだいぶ手前で下車しましたので新線乗車はまたの機会ですね。
[ 乗車45分 乗換32分 ]


DSC_1334
DSC_1336
小野上駅で下車すると特急「草津84」が列車交換でやって来ました。
無人駅ではありますが特に車掌さんの集札もありません。
厳密に言えば無人駅ではホームに出た時点で改札を出た事と同じになりますので18きっぷの様なフリーきっぷであるとか途中下車可能な切符を持っていないと例えその後に同一方向へ向かったとしてもその時点で前途無効になりますから一応頭の片隅に置いておいた方がいいかと思います。
実際そう言う厳密な運用をするかどうかは鉄道会社側の判断であって旅客側のそれではありません。
DSC_1338
実は駅を出て少し歩きだしたのですが陽が陰って寒かったですし先々をを考えて10分もしないうちに引き返しました。
DSC_1339
DSC_1344
駅の脇には砕石運搬車(ホキ)が留置されていてJR東日本高崎支社管内の鉄道施設用砕石を運び出しているそうです。


【 小野上駅15:12 [536M] 祖母島駅15:18 (吾妻線) 4.2キロ 】
 [ 始発 長野原草津口駅14:21 終着 高崎駅15:57 ]
DSC_1342DSC_1345
そんなこんなで一駅だけ戻りました。
[ 乗車06分 ]


DSC_1346
祖母島(うばしま)駅で降りまして吾妻線沿いに歩きました。
正に右往左往状態でしたね。(笑)
DSC_1352
5分程歩いて今回の目的地である第一吾妻川橋梁に着きました。
DSC_1354
DSC_1356
DSC_1357
DSC_1358
福澤朗さんの番組(鉄道沿線ひたすら歩き旅)で知って機会があれば訪れたいとずっと思っていたので漸く実現しました。
DSC_1357
DSC_1358
DSC_1359
DSC_1360
DSC_1361
DSC_1362
DSC_1364
近くに橋も見当たりませんし保線用通路(所謂犬走)を開放しているのかと思ったのですが渋川市管理の歩行者道路である様です。
DSC_1380
祖母島駅側には商店の類は見当たりませんでしたが対岸には道の駅「おのこ」を始めコンビニや飲食店が揃っていました。
DSC_1378
DSC_1379
「535M」(祖母島駅15:47)
DSC_1382
IMG_20210103_161809_642
DSC_1383
DSC_1388
特急「草津4」
DSC_1389
特急の写真も撮れたので満足して祖母島駅に戻りました。
遠くに上越新幹線の高架が臨めましたが10分以上1本たりとも列車が通過する事はありませんでした。
代わりに?遠隔放送でちょっと困った案内が齎されました。


【 祖母島駅16:37 [538M] 高崎駅17:16 (吾妻上越線) 28.8キロ 】
 [ 始発 万座・鹿沢口駅15:25 ]
DSC_1348DSC_1390
陽が傾いた上に川の傍に1時間程居てすっかり冷え切っていた身体がほっとする車内の温かさでした。
金島駅では列車交換がありましたが対向列車(537M)の5分遅れで出発が遅れました。
これが先程の祖母島駅で小耳に挟んだ情報だった訳ですが新前橋駅始発(16:21)の列車が高崎駅からの伊勢崎線直通列車(457M)の遅れからの遅れだったそうです。
まぁ吾妻線は列車本数が少ないですから余程大きな遅れでもない限り遅延接続はしますよね。
当初は4分遅れての金島駅出発でしたがダイヤに余裕があるのか新前橋駅で遅延解消していました。
因みに祖母島駅から高崎駅迄の営業キロと横浜駅から東京駅迄の営業距離が一緒だったりしますね。(笑)
[ 乗車39分 乗換17分 ]


【 高崎駅17:33 [快アーバン3932M] 上野駅19:11 (高崎東北線) 101.4キロ 】
DSC_1391

10両編成で着席出来ましたが多少混雑気味ではありました。
籠原駅での増結はありませんでした。
上野駅は地平ホームに到着しました。
[ 乗車98分 乗換05分 ]


【 上野駅19:16 [1597E] 横浜駅19:51 (東北東海道線) 32.4キロ 】
 [ 終着 熱海駅21;26 ]
DSC_1402
レアな上野駅始発列車で当初はガラガラで着席出来ましたが東京駅で結構な乗車があって混雑しました。
[ 乗車35分 ]


DSC_1405
無事帰って来ました。

JR東日本
 横浜駅-小野上駅 166.8キロ 3080円(参考)
 小野上駅-祖母島駅 4.2キロ 190円(参考)
 祖母島駅-横浜駅 162.6キロ 3080円(参考)

09時間39分 333.6キロ 6350円(参考) 

 [参考運賃はJTB時刻表運賃表A-1のみ 重複乗車等に関してはフリー切符利用の際は考慮せず]

戻る

============================

[あとがき]

最近は冬シーズンを除くと日帰り旅が殆ど無くなっていましたがやはりノープランの日帰り旅は精神衛生上でも悪い事がないかも知れませんね。
目的もひとつだけで楽でした。
第一吾妻川橋梁はかつての赤川仮橋(おおさか東線)を思い出しましたが幅が狭くて線路も近くて更に迫力がありました。
吾妻線については切替新線の乗車と言う目的も残っていますし次の機会を待ちたいものです。

戻る


============================



DSC_1371
最後迄お付合い戴きまして有難う御座いました




KAkashi / 今木 洛
dFQDERtGgpdHPqG1555599815_1555600002